両方から仲介手数料を取る?

 

土地を売る際の不動産会社の両手仲介は悪いことなの?

 

既に自宅等を建てて住んでいる土地ならばともかく、相続したり、何らかの理由で活用していない土地がある場合は、そのままにしておくのは勿体ないです。そのため、利用していない土地は売却して、他の人に活用して貰った方が良いし、お金も得る事が出来るのでおすすめ出来ます。

 

ですが土地等の不動産物件を売却するには、きちんと買い手を見付ける必要があります。もっとも日常生活の中で、不動産物件を購入したいと考える人と偶然出会うチャンスは、多くはありません。なので売却したいと考えても、買い手を見付け出すというのが困難だったりします。

 

そういった際、売り手と買い手を仲介する形で結び付けてくれるのが、不動産会社です。不動産会社に仲介を申し込む事で、自分の持っている土地や不動産に興味がある人を探し出して、上手く結び付けてくれたりします。もっとも不動産業者というのは、当然ですが仕事として行っているので、依頼するとお金が掛かるのが基本です。それが仲介手数料と呼ばれるものであり、見事に売買が成立した際には、成功報酬として仲介手数料を支払う事になります。

 

しかも不動産業者の中には、売り手と買い手のどちらも担当して、その両方から仲介手数料を取るケースが少なくないです。これが両手仲介と呼ばれるものであり、不動産業者にとっては片方を担当する時よりも、倍額の手数料を手に入れる事が出来る事になります。
この様に書くと、仲介業者として売り手か買い手のどちらかを担当する時と同じ様な仕事で、倍の手数料を手に入れている様であり、少しずるい感じがしたりするものです。ですが売り手と買い手の両方を担当する場合は、当然ですが、売り手側のプランの作成や手続きといった業務に加え、買い手側のプラン作成や手続き等の業務を行う事になります。単純に倍の働きをする事になるので、両手仲介というのは働きに見合った形で取っているとも言えるのです。

 

更に売り手と買い手の仲介業者が同じであれば、一社の不動産業者が両方の意見を聞き、検討する事が出来ます。お陰で売買契約も纏め易いという利点もあるのです。