土地売却には必要経費がかかる

 

土地を売る時に必要になる費用の種類

 

土地を売却したと考えている方々は、まずはどの程度の金額で売れるのか又は希望した通りの金額で売れるのかと考えがちです。しかし売却に至るまでの必要経費は実際、想像以上に高額です。そのことを常に頭に入れながら売買契約の成立を目指すことが必要です。

 

まず土地が自分名義のものであっても、売却の契約成立時には他人名義に変更が完了していなければなりません。その際、登記内容の変更が必要になります。この場合、戸籍謄本等の証明書類を洩れなく揃える必要がありますが、登記した住所内容が複数存在する場合は、各都道府県の市役所などで必要書類を発行してもらうケースがあります。同一地域でなくても郵送で対応してくれる場合は問題ありませんが、親族がどうしても他の地域に直接訪問しなければならないケースも、稀にではありますが存在します。その場合は旅費交通費等も必要経費として考慮しなければなりません。以上の必要書類をそろえた後は、司法書士に書類の作成を依頼することが一般的です。その際に必要となるのは印紙税の支払いです。土地の名義人が多いほど支払額が上昇しますので、複数人いる場合は個人が各々支払うのか、代表者等が立て替えるのかを事前にしっかりと決めて後々に争いが起こらないよう心掛けることが大切です。

 

土地の売却が無事完了し、売却価格から必要経費を差し引いた金額が総所得となりますが、この総所得に対しては所得税が掛ります。土地が相続財産の場合には加えて相続税が掛る可能性もあります。税金に関する書類作成は税理士に依頼することが一般的です。しかし、申告する所得額が小さく、必要経費が少額で経費認定が比較的簡単なものであれば、自分で書類を作成して提出すれば、税理士等に支払う費用を抑えることが出来ます。経費認定が不安な場合は、近隣の税務署の確定申告コーナーに事前に予約を取って相談してから申告書作成しましょう。そうすることで、正確な確定申告を行うことが可能となります。