離婚で土地を売るケース

 

土地の売却理由が離婚というケース

 

結婚生活を送っていた方が、後に離婚をしてしまうこともあり得ます。これまで一緒に所有してきた動産や不動産などに関しても、離婚してしまうと2つに分けることが基本になることから、中には複雑な手続きを必要としてしまうこともあります。例えば生活雑貨などの場合では簡単に分配することができ、現金などをお持ちの方であっても、分配することは簡単です。しかし、離婚をきっかけに土地を売却する方のケースでは、その状態によって取り扱い方法が変わることになります。

 

例えば夫名義の土地として所有していたものの、財産分与で妻が譲り受ける場合では、名義変更を行って譲渡する方法が一般的です。中には共有名義として所有されている方もますが、離婚の際にはまずは所有者を明確にすることが大きなポイントです。次に土地を売却することを希望しているならば、抵当権などを確認することが必要です。ローンで購入している土地であれば、残債がある可能性も否定できないので、売却を行うようであれば、残債と売却できる金額を十分に把握した上で決めることが大切です。例えば売却した金額よりも残債の方が大きければ、抵当権を外すことができない状態になり、実質上売ることができません。

 

しかし、貯蓄などを持っていて、残りのお金を支払う能力のある方であれば、相談した上で売却を進めることも一つの方法です。離婚をきっかけに土地を売却する際には、トラブルに発展してしまう可能性もあります。ローンの支払いが残っている場合では、確実に支払い方法として債務者を明確にしておくことも必要です。2人の財産として半分に分配することを考えた場合では、売却して得ることのできた利益をそのまま分配する方法になりますが、その際にも仲介業務を委託している不動産会社と連携することになり、できるだけ高い価格にて売ることができる業者選びを行う方法で、離婚後についても損をしない財産の分配を行うことができ、トラブルを軽減することに役立ちます。